FC2ブログ
訃報 
昨夜連絡網が。。。日曜の連絡網など、あまり喜ばしいものであるわけがなく。。。みさ姫の同級生の女の子のお父さんが亡くなったという知らせでした。
そして、今朝、お見送りに行かせていただきました。
辛いね、本当に辛い。

子煩悩なお父さんで、自宅でお仕事をされてた関係もあって、学校の参観や送り迎えにいつも来てらっしゃったの。娘さんが顔がそっくりでねぇ・・・。
かける言葉も見つからないですわ。


みさ姫の学年では、2年前に男の子のお母さんが亡くなったばかり。
このときも号泣でした。
幼稚園からの仲間だったから、よく話したし、入院してたって話を聞いてたのにある日スーパーで会ったから
「大変だったんだって?もう大丈夫なの?」って聞いたら
「ありがとー♪もう平気♪」なんて会話を交わしたり。
でも、完治してなくて・・・。


命って本当に儚くて、大事にしなくちゃいけないものだなぁって、つくづく思い知らされます。
若い頃は、自分が死ぬとか考え付きもしなくて、乱暴な車の運転したり、無謀だったこともあるけど、
45歳になると身体もだんだん言うことをきかなくなってくるし、
本当に他人事ではないってことを感じます。
 
みく #.rEgMis2
最近 
立て続けに不幸なお知らせがあるのは、ほんと辛いね
私はまだそういう経験をした事がないのだけど
弟が小学校の時に親友のお父さんがいきなり無くなってね。
突然死に近い状態だったみたい。
お通夜から帰ってきた父が
『・・・人間何があってもこの年で死んだらあかん・・・死んだら終わりや』
って言った言葉が今でも心に残ってます。
弟もその友達も少年野球をしていたので
父親同士も知り合いだったのよね。
心残りだと思うわ。
ご冥福をお祈りいたします。
まみこ #-
★みく 
そう、本当に立て続けなの。
中学校と小学校っていう違いはあれど。
どちらも一人っ子の親御さんでね、寂しいだろうなぁって想像しちゃって。
お父さんは本当に心残りだったと思う。とっても子煩悩でめっちゃ可愛がってはったから。
数ヶ月の闘病生活の上らしいんだけど・・・。
ちおりん #-
 
先日もご不幸があったものね・・
こういうことは、続くのは悲しいね。

逝ってしまった人のことを思うと、無念さもわかるし、残されたほうの悲しみも考えると本当につらいね。

ご冥福をお祈りします。
ひな #-
たて続けだね? 
不幸な事が、立て続けだよね?
まみこさんが仰るとおり!!
自分が死ぬ事なんて想像できない!
だから明日を不安持たずに待っていられるんだろうけど・・・。
まだ子どもが小さいから心残りだろうね?ホントに悲しい・・・。
ユキティ #-
命は儚いですね。 
こんばんは、おひさしぶりです。
私も、若い頃は自分が病気になるとか
ましてや死ぬとか思わなかったけど
最近はマジメに考えるようになりました。
私は両親、弟と大事な家族が先に逝ってしまい
その度に、命の尊さをしらされ、一時一時
大事に生きないといけないんだなって
思います。お嬢さんの同級生の親と言うと
まだまだお若いから、ほんとにやるせないですね。。。
まみこ #-
★ちおりん 
本当、かなりへこんでしまうわ。
昔は「自分に関係ない人」とかって、すごくドライになってたけど、あれって世間を知らない若者の不遜さだったのね。
今は大事なものがたくさんあって、自分の身に置き換えると、辛くて辛くて。
まみこ #-
★ひなちゃん 
もうそろそろ勘弁してほしいって思っちゃうよ。めっちゃ辛いもの。。。
死というものが完全な終わりっていうわけでは無いって思ってるけど、
でも、子供が小さいうちは、まだ結婚もしないうちは、やっぱり色々サポートしてあげたいなぁって心から願うわ。
まみこ #-
★ユキティちゃん 
そうだね、ユキティちゃんは本当に辛い思いをいっぱいしてきてあるね。
だから、尚一層、自分を大切にしなくちゃいけないっていう想いがたくさんあると思う。
若いときは人生って永遠くらい長く続くって思ってたようなかんじだった。
でも、折り返しを過ぎて色々考えるようになったわ。
i-boshi #-
ご冥福をお祈りします 
まみこさんのおっしゃるとおりで、若い頃は気づかなかった命の尊さを気づかされる事があります。
お若い方が亡くなる、しかもお子さんがいらっしゃる事を思うと胸が詰まります。
月並みですがご冥福をお祈りいたします。
せめて残された人達が、少しでも幸せに暮らせるよう願って止みません。
まみこ #-
★i-boshiさん 
若いときにはやっぱり自分のことしか見えてなかったっていうのを実感すること多いよね。
一人っ子さんなので、家族が3分の1減ってしまうのは、ものすごく喪失感が大きいのではないのかしら?と考えてしまう。
時が解決してくれるしか無いだろうけど、少しでも早く元気に過ごせるようになってほしいですね。
私たちも気をつけて毎日を大事に生きよう。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://alohamamiko.blog57.fc2.com/tb.php/379-4af9d24b