FC2ブログ
教育と品格by藤原正彦 
藤原正彦さんって方のお話を初めてTVで聞きました。
あぁ、なーんか久々にスッキリした!ってかんじ。
『国家の品格』を書いた方ですよね。
不勉強で読んでないんだけど^^;

いくつか心に残ったことを書いてみます。

「どんな正当な理由があっても、大勢が1人を責めるとか、大きいものが小さいものをやっつけるとか、男が女をぶっとばすなんてのは、許しちゃいかんのです。
 それは卑怯なことだから。」

小さい頃から卑怯なことをしたときに、徹底的に子供に言って聞かせなくてはならないそうです。
理由づけなんか無いんだって。
卑怯なことはしたらダメ!そのひと言。

「今の日本は、子供中心主義になっている。中心主義どころか、子供におもねるようになってしまっている。」

親と子供が平等?そんなことありえない。
親は子供より賢くてちゃんと教育するのが仕事であり、
子供に厳しく躾けていない親は、教育を放棄している。
同じように先生と生徒が平等なんていうのもありえない。


「美しいという感情を感じることができるような人間に育てるのが大事」

夕方に子供を迎えに行ってから急いでスーパーに行った帰り、
素晴らしい夕焼けに遭遇した。
そこで、親は「本当に綺麗ねぇ~~~」と嘆息するくらいオーバーな感情表現で感動を表してほしい。
何故なら、感動っていうのは伝染するものだから。


「初等教育では『国語』が大事」

女子高生の会話を聞いたりしてると100から200の言葉だけで会話している。100~200の言葉しか使っていないということは、100~200の考えしか持っていないということだ。
言葉を知らないでは、考えることもできない。


s1-2.gif

などなど、色々話しておられました。
過激っちゃー過激だけど、これくらいズバリと言ってもらわないと、
今の子供たちや教育は良くなっていかないんじゃないかしら。

そういえば、見城さんも言っておられたけど、
それこそ2~3歳の幼児の頃からの躾の話。
電車などの公共の場で子供がぐずったときに、飴玉などを与えて機嫌をとって黙らせるのではなく、小さなノートに絵を描いたりして我慢させるのっていうのが、最初の試練なんじゃないでしょうかって。
そういうことで忍耐力がついてくるのでは?って。

やっぱり基本は家庭教育なんだなぁって思いません?
先生に手伝ってもらって、先輩のお母さんに相談したりして、
毅然と子育てしていこうね!

・・・って何書いてるかわかんなくなってきちゃったよ(笑)


ありがとうございます!
よろしかったら、ポッチリしてくださいm(__)m


 
みく #.rEgMis2
昔から 
いじめっ子っていたやん。
ボスみたいなジャイアンみたいな子。
でも必ず、助け舟を出す子もいたよね(強い女の子が多かった)

hikky曰く、クラスに表立っていじめは無いって言うの。
でもみんなの前ではいい子を演じて、陰で陰湿ないじめはあるみたい。

いじめが原因で登校拒否になってる女子がhikkyのクラスにいるのよ。
その子、ご両親が教員で成績もトップなんだって。
学校には来てないけど、塾には通っててテストの時だけ学校には来てるらしい。
でも登校して無いから府立は行けないのよ。
hikkyはメールで話したり、塾へ行く時に道であったりするから話はするらしいけど
とってもいい子なんだって。
学校にも相談して、先生も友達も家に訪問してるみたいだけど
意を決して学校へ行くと・・・あるグループの子に『なんで来たんや』みたいなことをいわれるらしい。
hikkyも大阪に来てしばらくの間、言葉の関係で(東京弁だったから)かなりいじめられた経験があるから
その子の気持ちはわかるんだろうね。

私思うんだけど、日本って事件が起こっても加害者の更正とか
なぜそんな事をしてしまったのか?という背景ばかり気にしてかばうでしょ。
いじめもそうやん。
『なぜいじめてしまうのか?どうしたら更正するのか』ばかり。
そんな事ばかりしてても、今の子は『いじめは悪い』なんて意識はないのよ。
思い切り罰したらいいのよ。
家で学校で教育出来ないんだったら、法で裁けばいいのよ。
これは悪い事なんだって。。。
ここまで来たらいじめも昔と違って一種の犯罪やん。

どうして最近の親って子供を叱らずに、悪いことをしたら『社会が悪い、学校が悪い』って言うのかな?
1番の原因は『家庭』だと思うの。
まず親として、自分が反省しないといけないと思うんだけど。
学校も教育委員会も自分達に都合の悪い事は隠して、親も家庭の教育を責任転嫁して
そんな事してたら、この先社会にどんな人間が出てくるんだろう。

という私も、試行錯誤しながら子育てをしてる最中なんで
ほんとどうしていいのかわからない事も多いんだけどね。。
みく #-
ごめん 
送信して驚いた。
↑めっちゃ長いコメントやねぇ・・・ごめんね^^;
つい・・・(汗)
ユキティ #-
納得・・・ 
夫はこの著書は読んでます。(私は読んでない。笑)
でも、私も以前養老孟司さんの著書「バカの壁」を読んで、
なんとなく、今のまみこさんと同じ様な思いになりました。
子育てには、その家庭の色々があるんでしょうけど
明らかに家庭外に責任をなすりつけ過ぎですよね。、
今の日本の子供(親子)には、感情と言葉が足りないと
子供を持たない第三者の私でも、ヒシヒシと感じます。
元々日本人って、感情を言葉にするのが上手じゃないし、
感情もあらわにしない人種でしょう。
だから、尚更「言葉」の大切さを知って欲しいです。
言葉が少ないと、感情だって表に出せないのは当たり前ですもんね。
それを親が子供に教えないと!そう思います。
さゆみ #HDDGojUI
私も今朝みました 
確かにちょっと過激かなって気はするけど間違ってないしいろいろ納得できることばかりでした。
説明なんかいらない 卑怯なことはしてはいけない!っておぼえさす。
確かにそうだなぁ~って思いました。
ご本人は数学者なのに国語が大事って言ったのには少し驚きました。言葉を知るからこそ他の勉強がすることが可能になるのだそう
国語は大事なんですね~
受験に不必要だからと大切な道徳や家庭科、理科、社会の授業が減らされていくなんていやだな~って思います。
授業数足らないって騒ぐなら土曜は学校でもいいのでは?って最近思います。でもこれってふれてはいけないことなのかな?

まみこ #-
★みく 
居た!でもそういうやつも単純ストレートだったりして、先生や親のほうとしても注意しやすかったりしてね?
そんでもって正義感を持って注意してるやつもいた^^(私だ(爆))

今はまたそういう正義感のあるこがターゲットになったりするから、できないみたいね。
今日の先生が言ってたみたいに「傍観者がイジメを助長している」って意見に大賛成だわ。

hikkyのクラスの女の子も、親友って呼べる子が2~3人いて、
かばってくれれば、学校に来れるかもしれないね。
学校って世界は本当は狭いのに、でも、子供にとっては自分の生活の大部分を占めてて、決して無視できない大きさなんだよねぇ。

悪いことは悪い!ってバシって怒ってくれるおとなが身近に居るこは、それだけで幸せなんだと思うな。
まみこ #-
★ユキティちゃん 
ぜひぜひご主人の本を読んでみて~。
なんか眼からウロコで面白かったの♪
>日本人って、感情を言葉にするのが上手じゃないし、
>感情もあらわにしない人種でしょう。
>だから、尚更「言葉」の大切さを知って欲しいです。
これって外国に住んでるユキティちゃんなら、ことさらに実感することだよねぇ。
本当に、自分の子供で、本を一杯読んでるさぁやでさえ、
言葉を知らないで、よく説明させられてるから、
他の子たちだったら恐ろしいくらい日本語を知らないんだろうなって思えて怖いくらいよ。
親の責任って、ただご飯を食べさすだけじゃないんだよね。
まみこ #-
★さゆみちゃん 
見てたのね^^
さゆみちゃんみたいな若いお母さんが見てくれると嬉しいわ。
お嬢さんはきっといい子になるなぁって思うし。
「ゆとり教育」って、ほんと、なんの得にもならなかったなって思う。
結局、基礎学力をつける時間が減っただけ~ってかんじ。
毎週土曜日やってるとこもあるんだよ、自主的に。
以前、第2、第4土曜日だけが休み~ってときがあったんだけど、
それくらいのほうが良かったって、子供ら自身も言ってた。
道徳って本当にやらなくなっちゃったんだけど、
なんか今の日本を見てると一番必要な教科なんじゃないの?って思うよね。
ますみん #-
この方。。。 
私は以前テレビに出演されてる時に見ました。
その時もお話に聞き入ってしまいました。

最近私たち大人が人間として”品格”が無いような気がします。
子供に対しても毅然とした態度をとれる大人も少ないのかも。

「傍観者がイジメを助長している」・・・って
昨日みくと話していたことなのです。
確かに強いものに巻かれるのは楽だけど
楽でない生き方も大切なのかも知れませんね。

。。。色々考えてしまいます
ひな #-
勉強になりますね~^^ 
土日が休みになって、うちの娘も喜んでないですよ。
だって、平日が帰りが遅くなるでしょ?
ますます遊ぶ時間がない!!って嘆いています・・・。
4年生なのに殆ど6時間授業ですもん。

いじめって、目立たない所で激しくって気がつかない事が多いですよね・・・。
あるお母さんが仰っていたことが気になったんだけど
『悪い子のお母さんって、参観日にも来ないですよね~』って。。
『問題のない子の親ほど、熱心だ~』とか。。。
熱心な親の子がいい子か??それも疑問・・・。
自分の子を美化してる事も多いから『うちの子にかぎって!!』
って思ってる人も多い!!
いろんな子どもを見るようになって、そう思うようになったんです。
自分の子どもを客観的にみることは難しいけれど
毎日の生活の中でおかしな行動や発言をしたら
厳しく注意したり叱ったりするのも必要だって思いました!
外面がいいのも腹立たしいけど、迷惑をかけるよりはましだし・・・。
私は、娘にとって口うるさい鬼母だと思う^^;
たまには、優しくしなくちゃ~~って反省する毎日です・・・。
まみこ #-
★ますみん 
ざっくばらんな話し方で辛らつで・・・
でも、すごく話しにひきこまれてしまう、そんな人だよね。

オトナの問題が大きいんだと思うわ。
性善説を信じるわけじゃないけど、やっぱり育て方で子供ってある程度は違ってくるんじゃないかと思うの。
だから、親がしっかりしてないとね。
ただ、そんなことも考えられない人が増えてるのかなぁ。
余裕がないっていうのか、自分さえよければいいっていうのか。
情けないよね。

傍観者・・・なりたくてなってるわけじゃない子も居るんだろうけど、
これって消極的な参加とも言えるものね。
けど、うちのさぁやは止めに入ったりは無理だと思う。
先生をすかさず呼びに行くとかくらいならできるかも。
まみこ #-
★ひなちゃん 
あぁ、そうか、そういうこともあるね。
あとは、習い事も多いから、ほんとに遊ぶ時間が少なくて。
みさ姫なんか水曜日くらいしか遊ぶ時間無いかも。
本人も慣れちゃってそれでいいみたいだけど。

「うちの子に限って!」っていう考え方は危ないよー。
でも、疑ってばかりもダメだし、難しいんだけど。
ひなちゃんとこはどうか分からないけど、うちは、問題ある子の親は懇談会には参加しない傾向が強いかも^^;
中学校になると、もう働いてるお母さんがほとんどだから、
お手紙すら子供が積極的に渡さなかったら見てもいない・・・・なんて話はざらにあるのよね。
手は離しても、目は離しちゃいけないと思うんだけどねー。
i-boshi #-
どちらかと言うと 
性善説を信じてます、ワタクシ。
もしかしたら稀に「性悪」っていう人もいるかもしれないけど、それでも初めから悪い子供って言うのは絶対にいないと信じてるんです。
みんな実はイイ子で、どんな悪い子も角度を変えてみればいいところがあるはずって信じたいんです。
ひどいことを言ったりしたりする子というのは、心のどこかに目隠しをされてるんだと思う。例えば日々、テレビを見ながらとかでも親が「それぐらい良いのに」と小さな悪を肯定しちゃうとか、他者を見下すような事を言ったりとか…。そういうのが澄んだ目を曇らせて、しまいには目隠しをさせちゃうんですよね。
子は親を映すって言うから、自分自身が気をつけなきゃと思います。
傍観者の話も、自分の価値観を持つ事の大切さを知ってほしいですね。。。
まみこ #-
★i-boshiさん 
うん、生まれながらに悪い子はいないと思う。
あの可愛い赤ちゃんが何故?なんて子になっちゃうのは、
やっぱり育て方によるんじゃないだろうか?
中には、ちゃんと育ててるのに何故???みたいな子もいるから、
性善説をきっぱりと肯定はできないかなぁーってかんじ。
ときどき、私が育ててあげようか?なんて不遜なことを思ったりすることもあるよ。ちゃんと愛情かけてあげるのになぁって^^;
ちゃんとした愛を感じられないで育った子は可哀想だよね。

傍観者じゃなく「やめろよ!」なんて強いことを言うのは難しいけど、
せめて、人に助けを求めるとかしてほしいな。
それどころか、はやしたてるような子がいるのが悲しいわ。
Caroline #-
こんばんは 
これ、見てました。
どの話にも、うんうんとうなづいちゃったわ。
昔だったら本当に当たり前のようにやられてたことを
あの人は言ってるんだろうけど、
それが今は出来ない世の中になってきてますものね。
私も家庭教育がまずは大事って思ってましたけど
やっぱりそうですよね。
藤原さんにはもっともっとメディアに出て、
今回のような話をして欲しいなあと思いました。
まみこ #-
★Carolineさん 
わ~い、見てた人がもうひとり♪
ほんとですよね、初めはどんなお話をされるのかって思ってたけど、
いちいち頷いてしまったりして。
私たちが子供の頃には普通だったことを
今では普通といえないところに、
現在の日本の問題点があるような気がします。
藤原さんには、保護者を相手に講演会をしてほしいと真剣に思いました。わかりやすいお話ですもんね。
めっち #JalddpaA
いじめられる側の心理 
私はいじめられっこだったけれど、

「いじめられる側の心理」って
「長期間いじめられたことがある人しか解らない」と思ってる。

だから、当時辛くなっていろんな本を読んだけれど、
イマイチ共感できなかった。

人の心の奥底にある物って、千差万別だから、
いじめられた経験のない大人が答えを導き出そうとすると、
必ず本やTVの受け売りになる。

学校や大人の言葉には温かさがなく、私の話を聞くときは神妙な顔をしていても、

「その直後にバザーの話とか、呑みに行く話しとかして」笑って話してる大人を何度も見てきたから、

「私の話なんて片手間なんだ・・・。」
「味方なんか一人もいないんだ。」って心底思った。

マスコミが言う「早めに相談」なんか「絶対出来ない!!」。
聞くたびに「詭弁」だと思う。

当時「所詮人の悩みなんて真剣に聞いてくれる人なんていないんだ」
って卑屈になっていって、ひねくれていた。
何度も死のうと思った。

でも思いとどまったのは、勉強が楽しかったことと、一人で出来る趣味があったから。

学校のテストは「ブサイクでオタクな自分」でもがんばればいい点数取れたし、
趣味の鉄道一人旅は「旅先の非日常が辛さを忘れさせてくれた。」

たまたま高校が自由な校風で、自分も心機一転前向きに飛び込んだから、人生明るくなったけど、
それは決して人からアドバイスを受けたものではなく、自分で考えた末に出した結論だと信じている。

中学では少ないけどヲタクの仲間がいたから、それだけが頼りだった。

私が教師を目指していたのも、「ろくな社会経験もなく温室育ちで」「成績だけで教師になった」奴等に、私が教師になって「人の生きザマ」って奴を見せ付けてやろうと思ったから。

「めっち」が道化キャラなのは巫女さんやみくさんはご存知の通り。
私が「めっち」になれた理由は、
自分が大人になって姑息に生きるすべを知った時、
中学の時の自分を裏切った気がして、

その(中学の)時感じた大人への憎悪の念を
「人に優しく・自分に正直に」生きることにベクトルを転化したから。
「ブサイクでオバカ」な自分が普通に生きてゆけるすべを知った姿だと思っている。

いまだに「あおるだけ」のマスコミや「利いた風な口をきく」コメンテーターに「冷たさ」を感じる。

乱文すみません。
まみこ #-
★めっち 
私は全然いじめられた経験は無いわ。
いじめを止める側だった。
小中学校は転校もほとんど無いメンバー固定の学校。
その中で、優等生のレッテルを貼られるっていうのもかなりストレスのかかることだったのよ。
いつもクラスの輪とかを先生に考えさせられて調整させられる役目。
しんどくてねぇ。。。だから、高校ではもっと楽に生きたいなって思って^^昔の自分を捨てれて楽しかったよ。

いじめられる側のことも何もかもひっくるめて、
自分のことは自分しか分からないんだと思うよ。
人から見て満ち足りたように(何でも持ってるように)見える人間でも、
心には闇や不満を抱えてるもんです。
自分が経験したことしか分からないのは事実だけど、
それに寄り添って考えてくれようと努力する人が居るのも事実。
めっちがそういう人に中学生時代に会わなかったのは気の毒だけれど。

いじめられてたの・・・・って話をかなり最近色んなひとから聞くのだけど、実際、相談なんてできないんだってね?
親に言うなんてできないって。何故か恥ずかしいって思った・・・って言ってた。
周りが気がついて手を差し伸べられたら一番なんだけど。
めっち #JalddpaA
出来ないから死ぬの 
>実際、相談なんてできないんだってね?
>親に言うなんてできないって。
>何故か恥ずかしいって思った・・・って言ってた。

恥ずかしいと言うより、その話がいじめる側に伝わった時、更なるいじめにあう危険と、

「報復が来たその時、本当に守ってもらえるか」
「自分が本気で戦い抜けるか」
信用できないし、自信が無いから、絶対言わない。

自分は「いじめられ続けている」のに、
通り一遍で話を聞いてもらったって、「いじめられてるのは自分」であって、
いじめられてる渦中にあっては、「このまま一生いじめられるかも」と思っている。

アホかと思うかもしれないけれど、中学生の世界は「中学校の中での出来事がそのまま人生」なので、
大人の世界より視野が狭いし、肉体的にも精神的にも動ける世界狭い。

確かに親身になってくれる人はいるのだろうけれど、
一人の平凡な中学生に、それを判別する感性はない。

泣いて、吐いて、道端の販売機を蹴飛ばした気持ちは、
いじめられた経験のある人しか解らない。

実際「誰も解ってくれない」と思っていたし、今自殺してゆく人達も、
自分しか信じられなくて、
自分の知識や情報でしか判断できないから「死」を選ぶ。

私が死ねなかったのは、
「死ぬ勇気がなかった」からだと思っている。
まみこ #-
★めっち 
いじめられた経験した人しか分からないって簡単にひとくくりに言わないでもらいたいわ。そんな言い方したら、拒絶してるみたいに思えるでしょ?いじめられた経験の無い人間は何も言うなってこと?
その気持ちを共有して理解したいって思ってる大人や親たちもたくさん居るのよ。
めっち #JalddpaA
それなら 
今まさに悩んで死のうと思っている人を、止める方法はあるのかと、
素直に感じたままを書いてしまいました。

持論を曲げるつもりはありませんが、
気に障ったのなら謝罪します。
まみこ #-
★めっち 
ないですね、自分からサインを出さない人には何もできないと思いますよ。ただ、親の多くは自分の子供に自殺なんて絶対にしてほしくない、いじめる側にもなってほしくないって思ってるの。
それをどうにかしなくちゃいけないって思ってる人が多いのよ。たとえ何もできなくてもね。
自分を分析してるだけでは世の中は変わらないでしょ?働きかけてどうにかできないかなって考えためっちの意見も聞きたいわ。自分の経験上、どうやればいいと思うの?
めっち #JalddpaA
実話(お人よしと言われても続けること) 
>働きかけてどうにかできないかなって考えためっちの意見も
>聞きたいわ。
>自分の経験上、どうやればいいと思うの?

「いじめに遭っている人と最後まで付き合う」のが大原則。
最初は疑ってかかってくるし、黙っている。
「私もいじめられてきた等の変なお涙頂戴」や
「私もその気持ち判る」とかは軽々しく言わない。

ただ、私の持論なので、嫌なら読み飛ばしてほしいし、他の意見
を否定するつもりは全くない。あくまで自分がした方法。

○実際最後まで見届けた事例。
所属課外クラブの後輩A君がいじめにあっていると連絡が来たのは
6月末ごろ、
当時大学生だった私、実習や教師のコネクション作りに躍起だった私にK先生から「いじめ」の連絡が来た。
K先生と私で「A君をいじめられないようにしよう」と言う話になって、
解決できれば自信に繋がると思い、参加させてもらった。

事例を抽出し、特性要因図(魚の骨)を作った。
*クラスの約半数に無視されている。
*主ないじめは3人より受けている。
K先生は夏休みに青春18きっぷを使って2週間Aと旅行。
その後私は約2週間写真撮影に付き合う。
ヲタク同士なので年齢はさほど関係なく、次第に鉄道以外の話をするようになる。
(今なら「知らない大人に付いて行き云々」で、私は逮捕されたかも)
主犯格の割り出しは早く済み、その子は複雑な生活環境であることもわかった。

一旦投稿
めっち #JalddpaA
実話2(お人よしと言われても続けること) 
まず何がきっかけでいじめられるようになったのかを聞いた。
本人いわく、「言動が気持ち悪い」と言われたそうだ。

主犯格を呼び、いじめた経緯を尋ねるがほとんどしゃべらない。
「特に問題ないっす」「いじめてないっす」を繰り返す。

主犯格には「Aが主犯格を売った」のではなく、私達がいじめを見つけてAに確認したのだと念を押し、
今後いじめに類する行為をしないよう促し、放課後前の会で話すが良いかと確認した。

放課後前のクラス会で、
Aが前に立ち、Aの状況・悩みをK先生が代読した。

いじめととられる行為が多いが、なぜそういう行為をするに至ったか
を話し合った。

いじめる行為に「特に理由はなく」「なんとなく流れでそうなっている」という。
本人立会いのもと、Aは言動に付いては気を付け、クラスメイトは
特に用事がないのであればいたずらしない事を約束した。
もちろん主犯格を特別視しない形で話を進めた。

結果として、彼を否定的に見るクラスメイトはいなくなったが、
依然「特に話したりコミュニケーションを取る必要はない」と考える人が
多く、無視に近かったが、Aは主犯格が手を出さないので「前よりは良い」と言った。

周りが普通に接してくれれば学校生活も普通に送れるだろう。
でもそれは最後まで叶わなかったようだ。

Aには、
「クラスメイト全員と友達になる必要は全く無い」
「学校で辛くても他の場所で好きなことをする時間を作れ」
「同様の事が起こったら、必ず大人が対処する」と、約束した。

そして私は、
「色々なことに負けそうになっても、学校は3年で出られるし、卒業と同時にリセットボタンを押すことが出来る。」
「Aはまだ学校と言う枠が全世界だから悩むのであって、今後出会うであろう人や物は、今自分のいる環境よりも数万倍大きい」
とゆっくり説明していった。

その後、クラスは社交辞令的な平穏を保つようになり、
Aの出来事もそれぞれの生徒の受験が近づいて風化していった。

根底にあるものは何一つ改善されなかったが、Aは普通に卒業して行った。

いじめる側は、罰せられないことがほとんど。
勇気を出して反撃しても、
逆恨みや報復を受けた時、さっきまで自分を励ましてくれていたはずの大人がいないことが怖い。
Aも、心の奥底では私を疑っているだろう。

でも、学校内のイジメであれば、「卒業」まで小康状態にしておくことは出来る。

人の心はすぐには変わらないし、気持ち悪い大人もたくさんいるけれど、
自分を信じてゆけば何か明かりが見えることを自覚させれば、それなりにその人は生きてゆける。
私はそう信じて行動した。

そんな出来事がありました。

長文すみません。
まみこ #-
★めっち 
そうやってくれる人間に出会えなかったらどうしようもないってことになっちゃうのね。
だから、先生の質は良くなって欲しいし、
どこの親にももっと子供をちゃんと小さい頃から躾けてほしいんだけど。
未来の日本のために出来ること。それをもっと考えてゆきたいわ。
自分の子供は絶対に守る!これは当たり前のことだよね。
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
めっち #JalddpaA
「動いてから言え」ということ 
巫女さんレスありがとうございます。

けっこう口では言うくせにいざ自分の周りで起こると手をつけない

「卑怯者」が許せないのです。

巫女さんはちゃんと教育者だし、終始一貫した理念のもとに動いていらっしゃる方ですので、尊敬しています。

ご承知の通り、私は未だに仲裁に入って恨まれたり、色々なトラブルに巻き込まれて悲しい思いをしていますが、

動きもしないで優等生的なことを言う人よりはマシだと思っています。
まみこ #-
★めっち 
この藤原さんは「恨まれてもどんなにこきおろされてもいいから、信じたことを、歯に衣着せず言い続けたい」っておっしゃってたわ。
一番いやなのは、
周りを見渡して、大勢を見て、信念を持たず、流された発言をするコメンテーターやマスコミの人間たちだよね。もちろん、全部がそうじゃないけどね。


秘密にする

 
トラックバックURL
http://alohamamiko.blog57.fc2.com/tb.php/269-eb6b1f10