FC2ブログ
後輩たちのステージ 
後輩たちの演奏 001

校区内の小学校のお祭りで、1&2年生だけの初舞台があるということで、
みさ姫とみっくーを連れて行ってまいりました。

私は、吹奏楽の保護者っていうのじゃなくて、このステージが企画される段階で関わってたコーディネーターという立場もあって、ここの小学校の校長先生に挨拶したりしてた^^;
変なボランティアのおかげで、校区内の校長先生、園長先生とはもう完全なる顔見知りでございますわ(苦笑)

この小学校は中学校区の、線路を挟んだはずれの地区にあるので、私たちはなかなか訪れたり、関わったりすることのない小学校です。
住宅街の中にあって、商業地域も全然ないので、子供の数が少なくなり、今ある幼稚園は今年で終わって統合されてしまいます。
小学生も、1学年が15人ほど。
けど、皆元気いっぱいでした。
少ない人数なぶんだけ、反応が良くって、司会しながら指揮してたY先生も、大笑いしたり苦笑したり。
面白かったです。

地区の年配のかたたちも多数訪れるということで、
「上を向いて歩こう」「川のながれのように」「ハナミズキ(歌)」「YELL(歌)」など取り入れ、
最後はノリノリの、「風になりたい」
これは聴いた人なら我が校吹奏楽部のテンションの高さに若干ひいてしまう曲なのです。
果たして、小学生はちょっと「ひぃーーー」って子もいたみたい。
だけど、同じようにステップを踏んでノリノリで踊ってくれてる男の子たちもいたり、楽しそうだった。

立派な花束まで頂いて、お礼の言葉を貰って、後輩たちも嬉しそうでした。

みさ姫とみっくーは後輩たちに大歓迎され、「センパーーーイ」と抱きつきにくる子もいたり(笑)
Y先生には「おー、来てくれたんか♪ またやりたくなったやろ^^」
帰り途二人とも「やっぱ、春の卒業してからのコンサートに出ようかな♪」と話してました。
春休みくらい遊びたいけど、やっぱり音楽の魔力にはあらがえないようです。

後輩たちの演奏をドキドキしながら聴いてた二人。
ソロが無事終わると顔を見合わせて拍手したり、一喜一憂してる様子が微笑ましかった。
可愛いって本当に思ってるんだなーって。

演奏は、まだまだなとこもたくさんあったけど、コンクールを聞いてない一般の人には十分に上手く聴こえたと思います。
関西大会くらいになるとそりゃもう凄いレベルなもんで、一般の保護者もだんだん耳が肥えてきちゃうのですよ(笑)贅沢になったもんだ^^;
 
みく #.rEgMis2
風になりたい 
・・・は、テンションめっちゃあがるよね~♪
maruko達も隣町の中学と合同で演奏した時は、すごかった
↑そこはマンモス校なんで^^;
ちなみにmaru達の中学は人数が増えすぎた為そこの分校として25年前に創立してます^^

やっぱり音楽は良いよね~♪

maruの後輩のブログ読んでたら(ホムペっていうのかな?)
『今日先輩と廊下で目が合いました。キュン死するかと思った』とか書いてて
ほんまに後輩って先輩の事が好きなんだなぁ~って思うわ。
どこでも一緒だね^^
まみこ #-
★みく 
これは定番の曲だもんねー。
全国の中学生ができるかも(笑)

uno♪とか数を数えるセリフとかもある?
あの部分も盛り上がるっていうか、客席のみさ姫たちも一緒にやってたよ、昨日^^
もう見てたら、吹奏楽をやりたくて仕方なくなるみたい。

卒業してからの春休みのコンサートで、また後輩たちと一緒にやれたら、きっと楽しいだろうねぇ。

秘密にする